劇場に行かなくても歌舞伎は見れる!歌舞伎をお得に楽しむサービス

エンタメ

歌舞伎を観に行ってみたいけど、劇場が近くにない、また最近はコロナ禍でもあり遠方に行くのがはばかられるという方もいると思います。そうした方に向けて、劇場以外での歌舞伎に触れることができる方法を紹介します。

この記事はこんな人におすすめ

歌舞伎が上演される劇場が近くにない
・歌舞伎に興味があるけど、正直チケット代が高くて買う勇気が出ない
・どんなジャンルが自分に合っているか、なるべくコストを掛けずに知りたい

シネマ歌舞伎

私が一番おススメするのが「シネマ歌舞伎」。全国の映画館で過去の歌舞伎公演を見ることができます。「月一カブキ」として毎月様々な名作が上演されています。料金は大体2,200円(作品によって変わることがあります)。映画のチケット代よりは少し高いですが、映像のクオリティ、没入感を考えれば、歌舞伎ビギナーの方が劇場以外で歌舞伎体験をするならこの「シネマ歌舞伎」を一番おススメします!

《ポイント》
の舞台さながらの臨場感溢れる体験(普段の観劇では見れないアングルなどシネマ歌舞伎ならではの撮影をすることも)
・作品によっては出演者のインタビューなど特典映像つき
・過去の名舞台から新作まで、幅広いジャンルが上映。

歌舞伎公演の配信(歌舞伎オンデマンド)

コロナ禍をきっかけに始まった歌舞伎公演の配信。最新の舞台であれば公演の翌月から配信がスタートします。また現在の公演の配信だけでなく、過去の名作の舞台映像も観ることができます。料金は作品によって料金は異なり、過去の名作は約800~2000円程度、最新公演や特別コンテンツなどが約2000~3000円程度のようです。

NHKの伝統芸能関連番組

NHKの『にっぽんの芸能』や『古典芸能への招待』などで、歌舞伎公演を観ることができます。時間の都合上ノーカットでの放送は中々ありませんが、舞台のハイライトを解説やインタビューなどを織り交ぜて、より分かりやすく見ることができます。

にっぽんの芸能」(Eテレ 毎週金曜 午後9時~)
古典芸能の招待」(Eテレ 日曜 午後9時(最終週))

番外編①:漫画で”歌舞伎”を楽しむ

実際の舞台ではないですが、番外編として歌舞伎をテーマにした漫画を紹介します。

『かぶく者』たなか亜希夫

かぶく快感! 「かぶく」とは、歌舞伎役者がご見物(観客)の心をつかみ、意のままに揺さぶる事をいう。それは無上の快感なのだ!面白がらせりゃ、勝ちだよな?見る者を「かぶく」天才・新九郎(しんくろう)が、 伝統と格式の歌舞伎界に殴り込み! 伝統も格式も関係ない、ただご見物(観客)を”かぶく”のみ!駆け出し役者の市坂新九郎、新宿でのストリート歌舞伎を手始めに芸の道をわがまま気ままに突き進む!!

講談社コミックプラスより
『かぶき伊佐』紗久樂さわ

主人公・市村伊左衛門(いちむら・いざえもん)は、役者であり、若き芝居小屋の主(=太夫元)である。若い故に、勢いはあるが、失敗も多い。果たして伊左衛門は一人前の役者・太夫元として大成できるのか。

Amazon商品ページより
『ぴんとこな』嶋木あこ

家柄が重んじられる歌舞伎界において、名門の御曹司として生まれたにも関わらず、実力のない恭之助(きょうのすけ)。歌舞伎とは無縁の家に生まれながら、実力のみで最底辺から成り上がろうとする一弥(いちや)。正反対の2人の男が、なんの因果か同じ女の子・あやめに恋をしたのが物語の始まり。歌舞伎を愛するあやめに好かれたい恭之助は、コネなんていらないから実力が欲しいと悔し涙を流す。あやめの目の前で主役を張りたい一弥は、名門の養子になろうと…

Amazon商品ページより
『カブキブ』榎田ユウリ

歌舞伎大好きな高校生、来栖黒悟の夢は、部活で歌舞伎をすること。けれどそんな部は存在しない。そのため、先生に頼んで歌舞伎部をつくることに! まずはメンバー集めに奔走するが……。青春歌舞伎物語、開幕!

Amazon商品ページより

『ぴんとこな』はドラマ、『カブキブ』はアニメにもなっていますので、もしドラマやアニメがお好きな人はそちらもチェックしてみて下さい。

番外編②:YouTubeでは「歌舞伎」の裏側が楽しめる!

youtubeでは、日本俳優協会・伝統歌舞伎保存会による「歌舞伎ましょう」チャンネルがあります。これもコロナ禍によって生まれたプロジェクト。歌舞伎俳優も多く出演し、歌舞伎の世界の表も裏も知ることができるチャンネルです!

「歌舞伎ましょう」日本俳優協会・伝統歌舞伎保存会【公式】
日本俳優協会・伝統歌舞伎保存会、公式Youtubeチャンネルです。 歌舞伎俳優および歌舞伎に携わる職能者が、自身の手で歌舞伎の〈いま〉を発信していきます。 ▶公益社団法人 日本俳優協会 歌舞伎俳優などで結成された団体です。 歌舞伎の継承発展のための活動を通じ、日本の芸術文化の高揚発展に寄与することを目的としています...

いかがでしたか?歌舞伎に触れるチャンスは意外と多いんです!気になったものがあればぜひチェックしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました