【TOEIC受験日記⑤】2023/1/21~

英語学習

TOEIC受験日記、早くも更新の期間が開いてしまった・・・。

と言っても「更新」が止まっていただけで、「勉強」はしていましたよ!

1月21日(土)

この日は茶道の稽古場での初釜茶会に参加。10時半集合に間に合うように、朝6時に起床して着物の着付け、ヘアメイク、準備とあったので、いつもの朝の勉強はできません。

そもそもそのつもりで、金曜日にまとめて土日分『文法問題でる1000問』は進めているので問題なし!

でも意外と準備が早く終わったので、家を出る前に『出る単』を50単語くらいかな?チェック!

よもつ
よもつ

わずかなスキマ時間を勉強に充てる私ってえらい!と自画自賛してモチベーションをキープ!!

※そんなお茶会の記事はこちら。

1月22日(日)

この日も朝から美術館に行く予定だったのと、昨日の茶会疲れもあったので、朝の勉強時間は十分取れなかったので、この日のメニューはこれだけ。

TODAY’S STUDY

・『出る単』50問チェック
・『逆算シリーズ』1セクション

今回メインで使っているテキスト『文法問題でる1000問』は基本「part5,6」の対策本なので、その他のパートの練習は『逆算シリーズ』に頼るほかない。

『逆算シリーズ』は前回の受験の時に一通りやったけど、目標点に届かなかったので2ターン目。なんとなく答えを覚えているものあるので、そこがちょっとデメリットだけど、文法問題以外の対策として行う。リスニングはやっぱりPart2,3が苦手。

Part2は、短い質問(一文)に対する適切な回答を選ぶ問題だけど、短かすぎて文脈判断もできないうちに選択肢の読み上げになるので、リスニング苦手な私としては結構メンタルやられるパートでもある。

1月23日(月)

また新たな1週間が始まる。

TODAY’S STUDY

・『出る単』100問チェック
・『文法問題でる1000問』25問(「品詞問題」実戦問題:応用編76~100)

『出る単』は860点レベルのセクションに突入しているが、ここに来ると「分かる単語」がない。ほぼすべて初めまして状態。そして解答を見ても「あーそーだった!」ともならない。何なら「同じ意味でもっと簡単な単語使えばいいじゃん!」って思ってしまう(笑)

『文法問題でる1000問』は品詞問題の応用編に突入しているのだけど、途端に時間が足りなくなって正答率が落ちる。基礎問題で「判断の仕方」を身につけたと、ちょっと自信がついてきたところなのに…(笑)

私の傾向としては「複合名詞」の一部が空所になっている時に間違えやすい。基礎問題で、空所の前後の品詞でどの品詞を選べばいいかの絞り込みを徹底的にしたので、その基本ルールにとらわれ過ぎて、「名詞+名詞」の複合名詞のパターンに気づけない。この辺りは問題を多く解いていって「TOEICに出やすい複合名詞」に見慣れておく必要があるかな。

1月24日(火)

前日から読み始めた『背中の蜘蛛』が面白過ぎて、深夜2時まで読み耽ってしまい、それでも終わらなかったので朝6時に起きて続きを読んで読了。その時点で既に7時。

よもつ
よもつ

TOEICには全く関係ないけど、『背中の蜘蛛』めちゃくちゃ面白かったのでお勧めです!

さすがにいつもの勉強をする時間はないので、今日の勉強はこれだけ。

TODAY’S STUDY

・『文法問題でる1000問』25問(「品詞問題」実戦問題:発展編1~25)

通勤中の電車の中で『出る単』のチェックをすればいいと思って、一応カバンの中に入れたけど、まぁ寝不足ですからね、電車の中では爆睡しました(笑)

明日は週1回の友人との朝活デーなので、いつものタスクができるはず!それに備えて今日は早く寝るぞ!!

1月25日(水)

今日は週に1度の友人との朝活デー。少しおしゃべりしてしまったので、1ターム(25分)のみ。ということで勉強時間では文法問題だけ。

TODAY’S STUDY

・『文法問題でる1000問』25問(「品詞問題」実戦問題:発展編26~50)

発展篇になると途端に時間が足りない。文の構造を瞬時に把握できなかったり、ひっかけの選択肢にまんまと引っ掛かったり。あと時間との焦りで凡ミスも多発。。

『出る単』ができなかったので会社の昼休みに50問だけチェック。。

1月26日(木)

朝活も順調に進んでいます。今日は単語チェックも含めて基本ノルマ分を達成。

TODAY’S STUDY

・『文法問題でる1000問』25問(「品詞問題」実戦問題:発展編51~75)
・『出る単』(多義語チェック)

『文法問題でる1000問』の品詞問題もいよいよラストスパートに突入だけど、発展編になってからまるで手ごたえはない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました